電動ドライバードリルの失敗しない選び方!

DIYを始めると、さけて通れないのが「穴明け」と「ネジ締め」ですよね!

そんなときに必要になるのが「電動ドライバードリル」です。

材料にネジの下穴を明けたり、材料同士をネジで固定したり、と様々な場面で活躍してくれます。

でも、「どうやって使うの?」「選び方がわからない…」など、実際に買おうとすると「???」が洪水のごとく押し寄せます…。

私も現在3台目を使っていますが、やっと満足できる製品に出会いました。

このページでは、だれもが感じる電動ドライバードリルの疑問をしっかりと解消して、おすすめの機種を紹介します!

1. 電動ドライバードリルとは(電動ドリルとの違い)

ボッシュDIYシリーズ 電動ドライバードリルのイメージ画像

穴あけが専門の「電動ドリル」に対して、ネジを締めたり緩めたりする機能が付加されているのが「電動ドライバードリル」です。

ネジ締め機能としては、「逆転機構」やネジを壊さないための「トルク調整機構※1」が付加されています。

その他に、「回転数調整機構」や「LED照明」などが付加されたモデルも多く発売されており、選択肢がとても多い電動工具です。

(※1 クラッチ機能とも呼ばれますが、モーターの力(トルク)を制限して、ネジの締めすぎなどを抑制する機能です)

電動ドライバードリルの使い方

本体の先端部(チャックといいます)に、必要に応じたツール(ビットといいます)を取付けて使用します。 

穴を明ける(ドリルビットを使う)場合は、トルク調整=最大に合わせます。

ネジを締める場合は、締めすぎを防止するため、トルク調整を弱め(弱い方から3段階くらい)に合わせて始めます。(その後締まり具合を見ながら適正値を見つけましょう)

スイッチは「トリガースイッチ」と呼ばれ、ピストルに例えると「引き金」の位置にあり、指の引き加減で回転数を調整します。

ビット類の選択

ボッシュDIYシリーズ 電動ドライバードリル&ビット類のイメージ画像(チャック、トリガースイッチの説明付き)

電動ドライバードリルには、様々な種類のビットが使えます。

穴明けには「ドリルビット(キリともいいます)」、ネジ締めには「+-やボックス型のビット」を使いますが、その他に「回転ブラシ」や「回転やすり」などがあり、工夫次第で色々な作業に使えます。

2. 「インパクトドライバー」との違い

ボッシュプロシリーズ インパクトドライバー&ビットのイメージ画像

よく似た工具にインパクトドライバーがありますが、こちらは「ネジ締め」に特化しており、穴明けには少し不向きな電動工具です。

電動ドライバードリルとの主な違いは、以下の2点です。

① チャックの形状

電動ドライバードリルのチャックは、様々な直径や形状のビットに対応します。

ですが、インパクトドライバーのチャックは「6.35mmの六角軸」のみに対応しているので、一般的なドリルビット(キリ)は使えません。(6.35mm六角軸専用品を使います)

② 打撃回転

電動ドライバードリルは、モーターの力のみで回転します。

ですが、インパクトドライバーはモーターの回転方向に対して、連続的な「打撃力」が追加され、素早く強いネジ締めが得意です。

その反面、騒音も大きく、締め加減が難しかったり、ドリルビットが折れやすかったり、と汎用性に欠けています。

使用目的として、「ネジ締め」が主体である場合はインパクトドライバーが便利ですが、「穴明け」が主体となる場合は「電動ドライバードリル」が便利でしょう。

ボッシュのインパクトドライバ―について詳しく知る

3. 電動ドライバードリルの選び方

では、いよいよ「電動ドライバードリルの選び方\(^o^)/」について、大切なポイントにそって解説を始めましょう。

① 用途

組み立て家具などの「ネジ締め」が目的であれば、軽量タイプの「電動ドライバー」で十分に事足ります。

でも、穴明けを含めたDIYを想定するのなら、少し重たくなっても「ピストル型」の電動ドライバードリルをおすすめします。

② 電源

バッテリー式、コード式 電動ドリルドライバーのイメージ画像

大きく分けると「コード式」と「バッテリー式」がありますが、利便性と安全性を考えると、文句なしに「バッテリー式」になります。

コード式を使ったDIYの場合は、「穴明けの途中に電源コードが抜けて、突然ストップする」といったリスクがあるからです。

「常にコンセントの位置を意識しながら、電源コードの取り回しを考える」なんて、かなり面倒ですよね。

リチウムイオン型の高性能バッテリーが普及した今、「コード式」を選択する意味は、ほとんどないでしょう。

③ トルクと電圧

電動ドライバードリルを選ぶときに、気になるのが「トルク(モーターの力)」です。

「重たいモデルも嫌だけど、トルク不足で後悔したくないし…」誰もが感じる不安ですね。

では、「どれくらいのトルクがあれば十分」なんでしょうか?

正解は…「残念ながら…ありません」。

同じ穴径でも、材質や乾燥具合、穴の深さやドリルビットの切れ味などで、必要トルクが大きく変わるからです。

そこで、注目するのが「バッテリー電圧」となります。

日曜大工や木工のDIYを考えた場合は、最低でも「10.8V」か「14.8V」、出来れば「18V」が理想的です。

V(ボルト)数が大きくなるほどトルクが増えるだけではなく、18Vモデルになれば「バッテリーを共用できるアイテム」も増えるからです。

重量と予算が許せば、「18Vモデル」をおすすめします。

㊟30V以上のタイプもありますが、一般的なDIYでは18Vあれば十分でしょう。

④ チャックタイプ

電動ドリルドライバーのノーマルチャック イメージ画像
電動ドリルドライバーのキーレスチャック イメージ画像

今では、ほぼ全てのモデルで「キーレスチャック」が採用されています。

チャックというのは、「ドリルビット」や「ドライバービット」を取り付ける先端部のことです。(ズボンのチャックとは関係ありません…念のため)

「キーレスチャック」は、専用工具を使わずにビットを交換できる優れた機構なので、電動ドライバードリルには必須項目です。

⑤ バッテリーの共用

電動工具を選ぶときに、忘れてはならないのが「バッテリーの共用性」です。

「リチウムイオンバッテリー」は高価なので、色々な工具に使い廻すことで、今後の購入代金を節約できるからです。

それぞれのメーカーによって異なるので、将来欲しくなりそうな電動工具が、ラインナップされていることを確認して選びましょう。

⑥ 信頼性

電動工具全般に共通することですが、「安全」で「安定」して「長く使える」ことが大切なポイントです。

そして、それが「楽しいDIY」につながります。

価格も気になる要素ですが、「信頼性の高いメーカー」を選びましょう。

格安製品の中には、1年程度で壊れるものも、少なくないですからね!

「信頼性」を測る方法については、以下を参考にしてください。

バッテリーについて

安価なリチウムイオン電池の火災イメージイラスト

電動工具に採用される「リチウムイオンバッテリー」は、製造過程において高度な品質管理が要求されますので、コストもそれに見合って高価になっています。

最近では、安価な物もたくさん販売されていますが、その一方で「充電中の火災や爆発」を伴う事故が急増しているのは有名な話です。


しかし、困ったことに、外観や説明文からは「安全性」を確認することができません。

事故の危険性あり=「コストパフォーマンス最悪」と考えましょう。

材質について

安価な電動ドライバードリルの故障イメージイラスト

電動工具には、バッテリー以外にも色々な部品が使われています。

中でも、ベアリング(回転する部分の軸受け)やスプリング(バネ)は、製品の耐久力を左右する大切な部品のひとつです。

これらの部品は、価格によって多くのグレードが流通しているのですが、製品の内部に使われているため、外部からは判断できません。

最近販売されている格安電動工具で、「当たり外れ」が多いのは、このような事情からだと推測できます。

メーカーについて

そこで私は、「その分野での歴史」と「バリエーションの豊富さ」を見ることで、「メーカーの信頼性」を判断しています。

多くの顧客が支持し続けない限り、長い歴史は刻めませんし、多くのバリエーションを生み出すためには、メーカーとして大きな資本を注がなければならないからです。

(新しいメーカーさん、ゴメンナサイ🙇)

以下に、上位4メーカーの「歴史」と「バリエーション」の比較表を作成しました。

[メーカーの歴史]2021年2月調べ
電動工具部門の歴史
マキタ1959年から電動工具に専業(創業は1910年)
ボッシュ1930年に電動工具部門を開設。
電気バリカンとハンマードリルが最初の製品(創業は1886年)
HIKOKI
旧日立工機
1948年に日立のグループ会社(日立工機)として創業。
2017年にアメリカの投資会社KKRの傘下に入り、日立グループから離脱。
リョービ1968年に電動工具部門を開設、2018年から京セラグループに入る。
[バリエーション比較表]2021年2月オンラインカタログより
3.6V 7.2V 10.8V14.4V18V 
マキタ013103139295
ボッシュ DIY
PRO
5
1
0
0
11
28
0
0
36
69
HIKOKI DIY
PRO
1
0
3
0
6
0
3
0
3
69
リョービ000721
各電圧ごとのアイテム数

⑦ 結論

メーカーとしては、上位4社全てが長い歴史を歩んできたことが分かります。

製品のバリエーションでは、「マキタ」がダントツのトップですが、第2位のボッシュも、「PROシリーズ」「DIYシリーズ」のそれぞれに、多くの製品をラインナップしおり、3位以下を引き離しているのが分かります。

これらの条件から、①~⑥全ての要素を高いレベルで満たすのが、「マキタ」と「ボッシュ」になり、バッテリー電圧は「10.8V~18V」、出来れば18Vがおすすめと、なります。

これらの中から、予算に合ったものを選べば失敗はないでしょう。

4. おすすめの電動ドライバードリル3選

ここまで、色々と説明して来ましたが、ずばり「私のおすすめ機種」を発表します(^O^)V

1. ボッシュ PROシリーズ18V GSR18V-21

ボッシュ PROシリーズ18V GSR18V-21のイメージ画像

スペック

品番GSR18V-21
電圧18V
最大トルク55Nm
トルク調整20段階
変速機能ギヤ2段+電子無段階変速
回転数 低速0~480rpm
回転数 高速0~1800rpm
チャック把握(使用できるビットの径)1.5mm~13mm
重量1.2kg(含むバッテリー)
充電時間(空~80%ターボ充電)24分
充電時間(空~フル)35分
LEDライト(作業灯)
バッテリー残量計バッテリーに内蔵
付属バッテリー2A×2個

説明

GSR 18V-21 Professionalは、信頼性が高いエントリーレベルのボッシュ18Vシリーズ、コードレス電動ドライバードリルです。

55Nmの高トルクを発揮し、基本的な穴あけやネジ締めに必要な性能を備えています。

フルメタルギアボックスおよびECP機能により、日々の使用に適したプロ向けの性能、高い信頼性、耐久性を実現しています。

(公式ページより編集)

おすすめ理由

ボッシュの電動工具「PROシリーズ」は、世界各国で産業用ツールとして絶対的な信頼を勝ち取っています。

私の知人(ロンドン在住)は、産業用印刷機器のメンテナンスをしていますが、「電動ツールは全てボッシュに決めている!」と言い切るくらいです。

私が一押しする「ボッシュ電動ドライバードリル GSR 18V-21」は、「プロの職人さんが毎日酷使する」ことを想定した高耐久モデルです。

しかも、最高トルク55Nmを発揮しながら、クラス最軽量の1.2kg(バッテリー込み)を実現しています。

なので、普段電動工具を使い慣れていない、DIYユーザーにも操作しやすい上に、金属への穴明けなど、高いトルクが要求される作業にも、決してへこたれません!(^^)!

もちろん、ボッシュPROシリーズの特徴である「スタイリッシュなデザイン」と、「13mmまで把握できるキーレスチャック」が装備されているので、想定できる「ほとんどの作業」で性能不足を感じることはありません!

付属のバッテリーは「2A」×2個です。

最近では、4A以上のバッテリーが増えているので、「ちょっと少ないかも…?」と不安を感じるかも知れませんね?

でも安心して下さい!

DIY用途で容量が2Aあれば、少々のことでバッテリー切れは起こしません!(キッパリ)

私は「板張り塀の工事」で、「穴明け」と「ビス締め」に丸一日使いましたが、1.5Aのバッテリー1個で十分足りました!

板張り塀DIYのイメージ画像

これだけのスペックなのに、価格はDIYシリーズ並です!

アマゾンさんでのユーザー評価が高いのも納得ですね。

私が、自信を持っておすすめできる1台です!

ボッシュ電動ドリルドライバー プロシリーズ GSR18V-21のアマゾン画像
created by Rinker
¥24,302 (2023/01/28 10:11:48時点 楽天市場調べ-詳細)

2. マキタ DF484DRGX

マキタ電動ドライバードリル DF484DRGXのイメージ画像

スペック

品番DF484DRGX
電圧18V ブラシレスモーター
最大トルク60Nm
トルク調整21段階
変速機能ギヤ2段+電子無段変速
回転数 低速0~500rpm
回転数 高速0~2000rpm
チャック把握 (使用できるビットの径)1.5mm ~13mm
重量1.7kg(含バッテリー)
充電時間 (空~80%急速充電)27分
充電時間 (空~フル)40分
LEDライト(作業灯)
バッテリー残量計バッテリーに内蔵
付属バッテリー 6A×2個

説明

コンパクト&スピーディー。

高剛性アルミボディーとオールメタルギヤに、ブラシレスモーター(※2)を採用した、ミドルクラスのプロ仕様モデルです。

(公式ページより抜粋)

※2ブラシレスモーター:接触型電極を使用せず「電子制御テクノロジー」によって回転を制御する、高効率、高耐久のモーターです。

おすすめ理由

「日本ブランドの製品で、最新のプロ仕様が欲しい!」という、あなたには「マキタDF484DRGX」がおすすめです。

「マキタ」は、日本全国に支店19カ所と営業所121カ所を持つ「純日本メーカー」です。

この充実したサービス網が、日本の職人さんの「安心」をサポートしています。

エアコンの取り付けなどで、お世話になっている職人さんも「DF484DRGX」を愛用していて、「これに替えてから、高所の穴明けが楽になったよ、バッテリーも減らんし…」と、ちょっと自慢してました。

このモデルの特徴は、「多枚数の薄型金属ギヤ」の採用で、高耐久と小型化を両立した点です。

同社の従来機と比較して、全長を13mm短くしたボディーは、長時間使用しても、疲れにくい設計になっています。

また、「ブラシレスモーター」は、低回転から高回転まで安定したトルクを発生させるので、DIYでよく使う「低回転での穴明け」にも、とても有効なんです。

「本格プロ仕様」ということで、価格は少し高めですが、「職人さんが選ぶ1台」として、皆さんにもおすすめします!

マキタ電動ドライバードリル DF484DRGXのAmazon画像
created by Rinker
¥52,847 (2023/01/28 10:11:48時点 楽天市場調べ-詳細)

3. ボッシュ DIYシリーズ 18V UD118

ボッシュコードレスドライバードリルUD118のイメージ写真

スペック

品番UD 118
電圧18V
最大トルク30.0Nm
トルク調整20段階
変速機能ギヤ2段+電子無段変速
回転数 低速0~440rpm
回転数 高速0~1450rpm
チャック把握 (使用できるビットの径)1.0mm ~10mm
重量1.2kg(含バッテリー)
充電時間 (空~80%ターボ充電)
充電時間 (空~フル)約94分
付属バッテリー 1.5A×1

説明

軽量1.2kgのコンパクトボディで、ビギナーの方にもおすすめできる使いやすい電動ドライバードリル。

ボッシュDIYガーデンツール共用18Vバッテリーを揃える最初に最適なアイテムです。

二段階の回転速度を選択できるので、用途に合わせたスピードで作業ができます。

(メーカー説明を編集)

おすすめの理由

おすすめの3番目は、「ボッシュDIYシリーズ」の登場です!

このモデル「UD 118」は、私が2016年くらいから使っている電動ドライバードリル、PSR18LIの実質的な後継機種ですが、性能はさらにアップグレードされています。

例)トルク28Nm→30.0Nm.  ギヤ変速なし→ギヤ2段変速。

なので、性能や耐久力については、私が実証済です!

「DIY仕様は耐久力が低そうで…」とか「あくまでも素人向けでしょ?」なんて不安に思っている人。

「いいえ、大丈夫です!」

自分で言うのもなんですが、私は結構ハードなDIYビルダーです。

今まで、「倉庫内の休憩室」や「完全自作のドア」、「ウッドデッキからフローリング…等々」いっぱい作ってきました。

そして、いつも活躍するのが、「ボッシュDIYシリーズ」の電動ドライバードリルで現在も故障なく現役で使ってます!

「PRO用も良いけれど、もうちょっとリーズナブルな方が…」と思った人!

そんなあなたには、「ボッシュ UD 118」が最適です(^^)/

5. 性能比較表

それでも…「もっと詳しいデーターを見たい!」といった、「工具好きのあなた」のために、主要モデルの重量やトルクが「一目でわかる比較表」を作りました。

「ここまでの説明では物足らん!」と思った方は、以下の表からピッタリのモデルを見つけてくださいね。

(2022年11月時点でのメーカーオンラインカタログを参照しました)

ボッシュ
PROシリーズ
電圧18V18V18V10.8V10.8V
品番GSR18V-21
GSR18V-60C
ブラシレスモーター  
GSR18V-150C
ブラシレスモーター
GSR10.8V-35
ブラシレスモーター 
GSR 10.8-2-LIN
最大トルク55Nm60Nm150Nm35Nm30Nm
トルク調整20段階20段階25+1段階20段階20段階
回転数  低速0~480rpm0~600rpm0~550rpm0~460rpm0~350rpm
高速0~1800rpm0~1900rpm0~2200rpm0~1750rpm0~1300rpm
チャック把握1.5~13mm1.5~13mm1.5~13mm0.8~10mm1.0~10.0mm
重量1.2Kg1.7Kg3.1Kg0.9Kg0.95Kg
充電時間35分45分79分50分45分
LEDライト
バッテリー残量計バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵
商品ページアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見る
マキタ
電圧18V18V18V10.8V10.8V
品番DF487DRGX
ブラシレスモーター
DF484DRGX
ブラシレスモーター
DF458DRGXDF332DSMXDF333DSHX
最大トルク40Nm60Nm84Nm32Nm28Nm
トルク調整20段階21段階20段階20段階20段階
回転数  低速0~500rpm0~500rpm0~400rpm0~450rpm0~450rpm
高速0~1700rpm0~2000rpm0~2000rpm0~1500rpm0~1700rpm
チャック把握1.5~13mm1.5~13mm1.5~13mm0.8~10mm0.8~1.0mm
重量1.6Kg1.7Kg2.2Kg1.1Kg1.1Kg
充電時間40分55分55分60分22分
LEDライト
バッテリー残量計バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵バッテリーに内蔵
商品ページアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見る
マキタ
電圧14.4V14.4V14.4V
品番DF471DSHXDF370DSHDF473DRFX
ブラシレスモーター
最大トルク38Nm30Nm38Nm
トルク調整16段階16段階21段階
回転数  低速0~400rpm0~400rpm0~500rpm
高速0~1500rpm0~1400rpm0~1700rpm
チャック把握1.5~13mm0.8~10mm1.5~13mm
重量1.4Kg1.3Kg1.4Kg
充電時間30分30分22分
LEDライト
バッテリー残量計
商品ページアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見るアマゾンで詳しく見る

6. まとめ

数ある電動工具の中で、私がもっとも酷使してきたのが「電動ドライバードリル」です。

「穴明け」や「ネジ締め」はもちろん、本来の用途からは外れますが「軽い研磨作業」などにも利用できるからです。

だから、大切に使うことが大前提になりますが、「多少の無理には耐えてくれる頑丈さ」が大切なんです。

そんな経験から、「バランスのとれた性能」に「耐久力」と「安全性」を加味して、「おすすめ機種」を厳選しました。

だから、あなたのDIYにとって、「たのもしい相棒」になること間違いなしです。

どんどん使って、楽しい作品をいっぱい作ってください!

Scroll to Top