丸ノコのキックバック対策!原因と軽減方法を解説します

「丸ノコ」と聞くと、頭をよぎるのが「キックバック!」。

やっぱり怖いですよねぇ~。

突然「ガツン!」とくる衝撃は、DIYになれた私でも「ドキッ」とさせられることがあります。

でも、「手持ち丸ノコ」の場合は、基本的な対処法を理解し、それを実行することで、危険を回避することができるんです。

もちろん、油断は禁物ですが、DIY初心者から中級者レベルにステップアップしてきたあなたなら、そろそろ丸ノコに挑戦する時期?ですよね。

今回の記事では、丸ノコを使い始めるときに、大きなハードルとなる「キックバック」の正体を明らかにして、心理的、技術的に克服するための方法と、キックバックを起こしにくい、よく切れるチップソーを紹介します。

キックバック克服のキャラクター

丸ノコの「キックバック」て、どんな現象?

丸ノコを使っていて起こる「キックバック」とは、切断しようとする「回転刃=チップソー」が材料の抵抗に負けて「はじき返される」現象を言います。

一般的に私たちが使用する「手持ち式の丸ノコ」の場合は、「はじき返される」というよりも、「ガツンっとロックする」といった表現が的確かも知れません。

今回は、DIYでよく使われる「手持ち式丸ノコ」に焦点を絞り、説明を進めていきましょう。

※固定式の「卓上丸ノコなど」で起こる「キックバック」は、「手持ち式丸ノコ」の現象とは少し異なり、危険度が高くなるので注意してください。

丸ノコの「キックバック」- 原因と対策

1.材料の「たわみ」によって発生するキックバック

原因

切り始めはスムーズにいきますが、切断が進むことで材料がたわみ始め、下図のように回転刃の側面を圧迫することでキックバックが発生します。

丸ノコでの切り始め(枕木2本)のイメージ画像
切り始めはスムーズでも…
丸ノコのキックバック(枕木2本)のイメージ画像
切断が進むとキックバックが…

枕木が片面だけの場合も

丸ノコでの切り始め(枕木片面)のイメージ画像
切り始めはスムーズでも
丸ノコのキックバック(枕木片面)のイメージ画像
材料が接触してキックバックが…

対策

下図のように枕木を4本にすると、切断が進んでも材料全体が安定するので、キックバックが起こりにくくなります。

丸ノコでの切り始め(枕木4本)のイメージ画像
丸ノコのキックバックが起きない(枕木4本)のイメージ画像
材料が安定してキックバックが起こりにくい

2.丸ノコを真っすぐに押していない場合に起こるキックバック

原因

下図のように、丸ノコを不用意に傾けて押したり、斜めに押してしまったりすることで、ノコ刃の側面が材料に圧迫され、キックバックが発生します。

多くの場合、丸ノコ本体を保持する力が不十分であったり、強く押しすぎたりすることが原因となっています。

丸ノコの傾きによって起こるキックバックのイメージ画像
丸ノコの傾きによってキックバックが発生

対策

丸ノコをしっかりと保持するために、グリップ力の高い作業グローブを使い、無理に押さないで切断線に沿ってユックリと切り進めましょう。

丸ノコ定規を使うのも効果的です。

軍手はとても危険なので絶対に使わないでください!

3.材料が切れにくくて起こるキックバック

原因

ノコ刃が切断する材料に適していない場合や、ノコ刃が古くなり切れ病んできた場合にも、キックバックを起こすことがあります。

丸ノコから煙のイメージ画像
切れ病んでくると、回転刃が熱を持って煙が出ることも…

対策

丸ノコの回転が不安定になり焦げた臭いがしたり、煙が出たりしたときは、速やかに作業を中止してください。

繰り返します、少しでも異常を感じたら、「直ぐに回転を止める」ことが重要です!(トリガースイッチを放せば止まります)

丸ノコのトリガースイッチのイメージ画像

そして、回転が止まったことを確認して、ノコ刃の状態を確認してください。

㊟機種によっては、連続運転機能がついた丸ノコがありますが、慣れるまでは使用しない方が安全です。

㊟ノコ刃が熱くなっていることがあるので、火傷への注意が必要です!

多くの場合は、「ノコ刃の切れ病み」が原因になっていますので、上記のような症状が現れた場合は、早めの交換をおすすめします。

また、ノコ刃は切断する材料によって、多くの種類がありますので、材料に適した種類であることも確認してください。

4.丸ノコのベースプレートが材料に密着していない

原因

こんな失敗をするのは私くらい…だと思いますが、恥ずかしながら過去に2回くらい経験しましたので、勇気をもって掲載します。

丸ノコのベースプレートと材料の間に、小さな異物が挟まっていたために、何度トライしてもキックバックが起こり、上手く切断できませんでした。

丸ノコ、ベースプレート浮きのイメージ画像

対策

シンプルに…異物を取り除くだけで解決します。

私の失敗例…その1:切断する材料の表面に木工ボンドが付着して固まっていました。

私の失敗例…その2:丸ノコのベースプレートに1mmくらいのマグネットシートが張り付いてました。

いずれの場合も、事前に確認していれば防げた失敗ですが、こんな些細(?)なことでも「キックバック」は起こりますので、気を付けましょう。

それと、品質の悪い丸ノコの場合、ベースプレートがフラットじゃない(平らじゃない)場合があります。

また、ベースプレートの強度が低くいために、使用中に変形してしまうこともあるようです(最悪です)

このような低品質の丸ノコは、ちゃんと使っていてもキックバックが発生しますので、できるだけ買わないようにするのが得策です!

不運にも…もし買ってしまった場合は、使う前には必ず点検しましょう。

丸ノコの選び方について詳しく知る

キックバックを克服して丸ノコを安全に使うための六カ条

1.丸ノコをしっかりと保持しよう

丸ノコをしっかりグリップするイメージ画像

電動工具を使うときの基本ですが、必ず作業用手袋を着用しましょう。

作業用手袋は手を保護するだけではなく、電動工具をしっかりと保持(グリップ)することができるので、キックバックの対策になるからです。

でも、「軍手は絶対にダメ」です!

なぜなら、一般的な「軍手」は表面に繊維の毛羽立ちがあり、それが工具の回転部分に巻きまれると「大けが」の原因になるからです。

私も過去に巻き込まれ、とても怖い思いをしたので、絶対にやめてください。

これは厚生労働省が定める「労働安全衛生規則 第二編 安全基準 第一章 機械による危険の防止 第一節 一般基準 第百十一条(手袋の使用禁止)」にも規定されています。
労働安全衛生規則 第百十一条

おすすめの作業用手袋:「昭和グローブ製 組立グリップ」

昭和グローブ製 組立グリップのイメージ画像

甲の部分は伸縮性のある薄い繊維でできており、掌の部分は柔軟性に富んだゴムがコーティングされています。

手に良くなじんで違和感が少なく、しかも指先や掌はゴムでしっかり保護されている優れもので、私にとって木工や機械いじりでは欠かせないアイテムになりました。

「白いので汚れやすい」といった弱点もありますが、ついつい汚れを放置しがちな作業手袋において、「汚れの可視化」は大切な材料を汚さないためにとても役立つ機能です。

保護力に加えグリップ力にも優れているので、女性にもおすすめしたい逸品ですね。

created by Rinker
¥693 (2023/01/27 09:28:53時点 楽天市場調べ-詳細)

2.材料を正しく固定して丸ノコを使おう

材料を正しく固定したイメージ画像

材料に対して、適切な場所に枕木を使い、クランプを使用して正しく固定しましょう。

そうすることで、丸ノコの操作に集中でき、キックバックの防止につながります。

おすすめのクランプ:高儀クイックバークランプ200mm

高儀バークランプ200mmのイメージ画像

材料を挟み込み、グリップのレバーを握るだけでしっかりと固定でき、解除はボタンを押すだけのクイックリリース。

材料の固定には欠かせない優れものです♪

created by Rinker
¥1,455 (2023/01/27 09:28:53時点 楽天市場調べ-詳細)

3.ノコ刃の出代を正しく調整して丸ノコを使おう

丸ノコ出代調整のイメージ画像

ノコ刃の出代は、切断する材料の厚み+3mm程度に調整しましょう。

出代が多すぎると、材料に対するノコ刃の作動範囲が少なくなるため、ノコ刃に対する負荷が集中し、キックバックの原因となることがあるからです。

下図は、材料の厚みに対して作用するノコ刃の作動範囲(赤いギザギザ部分)が、ノコ刃の出代によって変化する様子を表したものです。

ノコ刃の出代によって、作動範囲に大きな差があることが確認できます、少し面倒ですがしっかりと確認しましょう。

ノコ刃の作動範囲の概念図


4.正しい姿勢で丸ノコを使おう

それでは「気を付けっ!で姿勢を正して…」ではなく…。

まずは、丸ノコの前後に立たないことが大原則となります。

ノコ刃の回転で、材料の破片などが飛んできたり、キックバックで丸ノコ本体が後ろにはじかれたりすることを想定した防御策です。

可能性としては高くなくとも、思わぬハプニングにも対応できる体制こそが、安全で楽しいDIYにつながります。

丸ノコの危険区域のイメージ画像

5.用途(板厚)に合った丸ノコを使おう

同じ木工作業でも、材料の厚みによって、使いやすい丸ノコのサイズは異なります。

もちろん、大きな丸ノコがあれば、ほとんどの作業に使うことができるので、「大は小を兼ねる」も間違いではありません。

でも、自分のDIY傾向に合わせたサイズを選択することで、キックバックなど不測の事態を減少させ、結果的に丸ノコの活用範囲が広がることにもつながります。

言葉を替えると、自分にとっての「使いやすい♪」を見つけることが、キックバックの軽減につながるんですね。

当然ですが、切断作業に集中できる「コードレスタイプ」の選択も大きなポイントになります!

丸ノコの選び方について詳しく知る

なるほど「使いやすい」が大事、のイメージ画像

次の項では、材料の厚みごとの「使いやすさの目安表」を掲載しますので、参考にしてください。

使いやすさの目安表(材料の厚み VS 丸ノコの直径)

丸ノコのサイズ(直径直径85mm直径125mm直径147mm直径165mm
最大切込み厚約26mm約47mm約48mm約57mm
板厚3mm
板厚5mm
板厚10mm
板厚12mm
38mm~40mm (2×4材等)

◉=バッチリ  〇=普通に使える  △=少し使い難い  ✕=使えない

6.目的に合ったよく切れるノコ刃(チップソー)を選ぼう

丸ノコのキックバックは、ノコ刃(一般的にチップソーと呼びます)の消耗によっても発生します。

木材の切断方向には「木目に沿った縦目」と「木目に直交した横目」があり、消耗を遅らせるためには、それに見合ったチップソーを使うことが基本です。

また、ベニヤ板(合板)は縦目横目が交互に重なった構成になっているので、ノコ刃の消耗が早いと言われています。

ベニヤ板(合板)の構成図

そこで、おすすめできるのが、縦目、横目、合板にも使えるマルチタイ プのチップソーとなります。

これらのチップソーの中には、刃の側面の摩擦係数を減らすことで、ノコ刃の過熱を防ぐ工夫が施されたタイプがあり、キックバック対策にとても有効です。

以下に「おすすめのチップソー」を紹介しますので、ぜひお試しください。

おすすめのチップソー(直径85mm)

このサイズのチップソーは、ほとんど選択肢がないので、ボッシュ、マキタの純正品の選択が無難です。

それぞれの回転数やトルクに適した仕様になっており、使いやすさに焦点がおかれているからです。

ボッシュ 1619P11768マキタA-19118
外 径85mm85mm
内 径20mm20mm
刃 数20mm20mm
刃 厚1.0mm1.0mm
created by Rinker
¥1,440 (2023/01/27 09:28:53時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,130 (2023/01/27 15:04:10時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめのチップソー(直径125mm, 147mm)

マキタの「鮫肌シリーズ」は「抜群の切れ味」との評判で、プロの職人さんにも人気のあるチップソーです。
一方のSK11「くろプラス」も、「高含有量フッ素コーティング」によって側面の抵抗が低くく、なめらかな切れ味が人気です。

マキタ鮫肌レーザー
スリットチップソー
SK11くろプラス
外 径125mm147mm
内 径20mm20mm
刃 数3552
刃 厚1.4mm1.5mm
created by Rinker
¥4,543 (2023/01/27 15:04:11時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,123 (2023/01/27 15:04:11時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめのチップソー(直径165mm)

マキタの「鮫肌シリーズ」は、静かさと切れ味に定評があり、職人さん一押しのチップソーです。

ボッシュの「エキスパートシリーズ」は新製品なので、日本でのレビューはあまり聞きませんが、お膝元のドイツでは「シャープな切れ味」と「静粛性」に加え「バッテリーが長持ちする」と、評価の高いチップソーです。

「SK11くろプラス」は安定の人気で、最もコストパフォーマンスに優れたチップソーとして、多くのDIYビルダーに支持されています。

マキタ鮫肌
プレミアムホワイト
ボッシュ、エキスパート
2608644509
SK11 くろプラス
外 径165mm165mm165mm
内 径20mm20mm20mm
刃 数554872
刃 厚1.5mm1.5mm1.5mm
created by Rinker
¥3,740 (2023/01/28 05:17:50時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,876 (2023/01/28 05:17:50時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,961 (2023/01/28 05:17:51時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

丸ノコを使う上で、どうしても避けられない現象が「キックバック」…

でも、これさえ克服できれば、あとは「上達あるのみ」です。

私も最初のころは、ずいぶんと悩まされましたが、慣れてくると「そろそろ来そうだな…」とか、「このまま進めると危ないな…」なんて予測ができるようになり、今では問題なく対処できるようになりました。

もちろん、たまには「ドキッ」とさせられることもあるので、油断は禁物なのですが…。

今回の記事では、そんな私の経験を元に「丸ノコのキックバック対策、原因と軽減方法」について解説してみました。

ちょっと怖かった「丸ノコ」も、これで大丈夫ですね!

丸ノコの選び方について詳しく知る

Scroll to Top